Select Your School Uniform

制服採用校様インタビュー

学校法人 小松原学園
浦和麗明高等学校

新制服の特徴

採用制服の写真
  • スマートで清楚なイメージのスーツ、セーラースタイル
  • ライトグレーのネクタイとセーラーラインでスマートな印象
  • フロント部分にオリジナルマークの刺繍
  • 冬は清楚なグレーのスカート夏は華やかなタータンチェック柄

制服リニューアルについて担当の先生にお伺いしました

ブランド制服採用までの
経緯について教えてください。

当校は創立80周年を機に大幅な学校改革を行い、平成30年度より共学化、制服一新、そして教育課程を刷新して進学校化を進めることにしています。その中で新制服のデザインは、若手教員が中心に検討し、また現役世代の声を聞くために中学生のアンケート調査を実施し、男子ブレザー、女子セーラー服のデザインを決定しました。清楚でスマートな印象があり、中高生に人気のイーストボーイブランドは、当校が創っていこうとする新しい学校イメージに合致していると考えています。

富樫理事長のインタビュー写真1

新制服とEASTBOYブランドの反応はいかがですか?

イーストボーイの新制服は、これから高校に進学する中学生やその保護者、また当校に在籍中の生徒の間でも高い評価を受けています。特に女子の制服は、埼玉県では採用例が少なく、かついつの時代も女子学生から支持されているセーラー服ですので、話題を集めています。校内に実物を展示していますが、「着てみたい!」という多くの声が聞かれています。

オープンスクールの参加者数や
様子をお聞かせください。

今年9月までに実施した3回の学校説明会では、それぞれ約350~400名、保護者を含めると700~800名の参加者が得られ、前年比で1.9倍の増加を達成しました。男女共学化、制服の刷新、進学に重点を置いたレベルアップした新コース体系をアピールする広報活動を積極的に展開してきたこともあり、中学生・保護者の関心は非常に高まっています。イーストボーイブランドの新制服は、話題づくりや当校の今後の学校イメージを形成する上で、期待以上の効果があったと感じています。

富樫理事長のインタビュー写真2

学校情報

  • 平成28年、創立80周年を迎える
  • 平成30年度より共学化、特選・特進コース新設
    本格的進学校へと移行
  • 高い学力や変化に適応できる能力を育成し、
    「100年生き抜く力」を養成することを理念としている
浦和麗明高等学校の写真

今回取材させていただいた先生

富樫理事長の写真
富樫理事長・校長
ページトップへ