ミュージアム・研究室

  • 学ぶスタイルの変遷
  • 飛鳥・奈良~鎌倉時代
  • 江戸時代
  • 明治・大正
  • 封建教育から近代的教育へ、明治の大英断
  • 海老茶式部登場~女学生スタイルの移りかわり
  • 体操服として提唱された明治のセーラー服・ブルマー
  • 女子生徒に洋装制服登場、大正モダン
  • 人材を輩出、旧制高校
  • 昭和・平成
  • 来館者の感想
  • 日本のユニフォーム
  • 学校制服
  • 体操服
  • 軍服
  • 職業制服
  • JAL客室乗務員
  • 英国のユニフォーム
  • 学校制服
  • 海軍制服
  • 王室近衛兵
  • 職業制服
  • ユニフォーム研究室概要
  • 学校向け制服情報誌 Schooler
  • 制服着こなしセミナー
  • 思い出ユニフォーム
  • ユニフォームミュージアム見学
  • 制服の気になること、なんでもコラム ユニホームぽけっと
  • トンボ歴史資料館 八正館
明治・大正 「女子生徒に洋装制服登場、大正モダン」

大正に入り、欧米文化が憧れとともに紹介され、洋風生活が庶民にも認知される時代になりました。当時の先端職業であった電話交換手、看護婦など職業婦人の洋装化が徐々に進んでいたことや、関東大震災の際、動きにくい和服で逃げ遅れ焼死や溺死する人が多かったこと、また欧米先進国から届いた救援物資の洋服などが洋装化の進展を後押しすることになります。
また、それまで女子体操に否定的だった世論が一転し、女子体操教育が見直されたこともあって、女学校では、綿織物のちょうちんブルマーや、セーラー服に代表される洋装制服が広まることになりました。この時代、洋装化推進の原動力となったのは、明治期に設立され規模を拡大してきたミッション系の女学校でした。なお、洋装制服は明治16年に華族女学校などごく一部でバッスルドレス型の洋装制服が採用されましたが、限定的で、本格的な普及はこれら先駆的な学校の採用を待たねばなりませんでした。

最初の洋装制服 平安女学院(京都市)  1920年(大正9年)採用(復元品)

最初の洋装制服 平安女学院(京都市)
1920年(大正9年)採用(復元品)

大正デモクラシーの中で女子教育や体操教育の必要性が高まり、また和装は高価となるなどの理由から、女学校では洋装が検討されるようになった。日本で最初に洋装を採用した平安女学院では、礼拝奉仕する修道女的なイメージや、和服の着物襟に近くなじみがあるなどの理由で、セーラー衿のついたワンピースを採用し、大変な人気となった。

  • 平安女学院セーラー服
  • 平安女学院セーラー服(平安女学院125年史より引用)
    日本初の洋装制服を着た生徒。
最初のセーラー服 福岡女学院(福岡市)  1922年(大正11年)採用(復元品)

最初のセーラー服 福岡女学院(福岡市)
1922年(大正11年)採用(復元品)

1922年(大正11年)に初めて採用されたスタイルを、現在に至るまで継承している福岡女学院。当時来日していたエリザベス・リー校長が着用していた服が発端で、制服検討を重ねて採用された。より体操に適した、上下セパレーツのセーラー服(上着とジャンパースカート)という点では、これが最初で、その独特な姿は人気を集め、全国に波及するきっかけとなった。

  • 福岡女学院セーラー服
  • 福岡女学院セーラー服(福岡女学院105年史より引用)
    セーラー服を着た生徒。制帽はベレー帽だった。

ページのトップへ戻る