ミュージアム・研究室

  • 制服の気になること、なんでもコラム ユニホームぽけっと
  • トンボ歴史資料館 八正館
明治・大正 「海老茶式部登場~女学生スタイルの移りかわり」

明治期、女学生は、教養ある女性を代表する存在で、時代風俗の象徴として注目されていましたが、そのスタイルは変遷を極めました。当初は町娘の着流しスタイル(和服に丸髷)でしたが、椅子に座り授業を受ける際、裾が乱れるとの理由で、男袴の着用が強要されました。しかし袴は男性のみが用いるものとして着用には反対が多く、明治16年に廃止されます。
同年に鹿鳴館が設立され、初代文部大臣森有礼が洋装を奨励しましたが、ふたたび国粋主義が強まる中で明治22年に暗殺され、洋装は廃止されています。その後再び着流しに戻りますが、機能面の問題から、当時華族女学校が採用していた紫色の女はかま(ちょうちんハカマ、股がないスカート状の袴)の色を替え着用するようになり、明治30年代半ばに定着しました。
ちなみに、紫は当時華族が用いる高貴な色で、そのままでは畏れ多いことから紫はタブーとされ、それに代わる色として海老茶色が多かったところから(紫式部ではなく)海老茶式部と呼ばれました。なお、女学生は明治33年に1万人、35年には2万人を数え、粗製濫造と呼ばれましたが、まだまだ少数で、庶民から見れば手の届かない存在でした。

海老茶式部(復元品)

海老茶式部(復元品)

当時、最先端の乗り物だった自転車に乗る女学生。女袴を穿き、髪を高く結い、革靴を履いて通学した。着物はもともと高価だが、学生同士が華美を競うためさらに高額となり、洗濯も洗い張りしなければならないなど手間がかかったため、洋装に取って代わられることになる。

ページのトップへ戻る