制服は家で洗えるの?
Q
最近は大半の制服が家で洗えます。
Q

制服は主にウール、綿、ポリエステル、アクリルなどの素材を使用しています。

家庭洗濯ができるかできないかを大きく分けると表のようになります。ウールはデリケートな素材です。ウールが多く含まれる素材は、ドライクリーニングに出すことをおすすめします。※制服に使用している付属物(ボタンやテープ類など)や縫製仕様によっては、家庭洗濯ができないものもありますので、品質表示に付いている絵表示を必ず確認してください。

ウール50%以上 ドライクリーニング
ウール50%以下 家庭洗濯(洗濯機、または手洗い)
綿・ポリエステル素材 家庭洗濯(洗濯機、または手洗い)

 
制服を上手に洗うコツは?
Q
洗濯前のチェックと、スピーディーな脱水がポイントです。
Q

洗濯前に制服のチェックを行えばボタンがなくなったり、シミが残ってしまうのを防ぐことができます。

  • ポケットの中を空にして、ホコリ等を払い出す。
  • ボタンが取れかかったり、ほつれた箇所がないか確認。
    →ボタンの取れかけや、ほつれは、洗濯前に直しておかないとボタンがなくなったり、ほつれが広がる原因になります。
  • 衿や袖口などの汚れが激しい部分は、石けん等であらかじめ部分洗いしておくと汚れが落ちやすくなります。
汚れた衿や袖口はあらかじめ部分洗い

糸くず等が付着しないように、制服は単独で洗いましょう。

  • ボタンやファスナーをとめて、形を整えて裏返してネットに入れる。
  • 詰襟の前ボタンは簡単に取り外しができるので外してから、ネットに入れる。
  • 水温は30℃ぐらいが適当。ウール混の場合は30℃以下にしてください。
  • 脱水は30秒~60秒程度。長く脱水するとシワがつきやすくなります。
ネットに入れて洗濯機で洗う

洗濯物同士がこすれて、生地が痛むのを防ぐためと、糸くず等が付着しないように制服は単独で洗いましょう。

  • ボタンやファスナーを止めて、形を整える。
  • 詰襟の前ボタンは簡単に取り外しができるので外してから洗う。
  • 水温は30℃ぐらいが適当。ウール混の場合は30℃以下にしてください。
  • ゆっくりていねいに押し洗い。もみ洗いや生地同士をこすり合わせる洗い方は、縮みの原因になる場合がありますので避けてください。
  • 脱水も、押し洗いの要領でゆっくり押しながら行ってください。生地を捻って脱水すると生地が痛みやすく、シワがつきやすくなります。

 
制服にあう洗剤は?
Q
中性洗剤を使用しましょう。
Q

市販されている衣料用 洗剤には大きく分けて2種類のものがあります。
一般的な衣料用洗剤、石けん = アルカリ性(市販商品名:アリエール、アタック、トップ等)
ウール・おしゃれ着・ドライマーク衣料用洗剤 = 中性(市販商品名:エマール、モノゲン、アクロン等)

ウールはアルカリに弱いので、ウール混の制服を洗濯する場合は、ウール・おしゃれ着洗いなどと表示された中性洗剤を使用しましょう。塩素系漂白剤の使用は色あせの原因になるので、使用は避けてください。

一般的な衣料用洗剤には、洗い上がりを白くみせる蛍光増白剤が含まれているものがあります。
これは、真っ白なシャツ、ブラウスにはいいのですが、生成りや色柄ものには不向きで、色があせたようになる場合があります。
濃い色のものが多い制服には、『無けい光』と表示された洗剤を使用すると、色が長持ちします。

衣料にあった洗剤選びを

 
正しい制服の干し方は?
Q
自然乾燥が基本です。
Q

制服はどのアイテムでも、脱水後はすぐにシワを伸ばし、形を整えて自然乾燥が基本です。

直射日光は、色あせや黄ばみの原因になりますので、避けたほうがよいでしょう。

スラックス・スカートは、内側のポケット部分が乾きにくいので、裏返しに干すと均等に乾きやすくなります。(図C参照)
風通しの良い日陰が見当たらない場合は、若干乾きにくくなりますが、洗濯ものに直射日光があたらないよう、バスタオル等で覆うのもひとつの方法です。(図E参照)

※タンブラー乾燥機での加熱乾燥は、生地の劣化や芯地の縮みなど、型くずれの原因になるため使用しないでください。

アイテム 干し方 干す場所
上着(詰襟・ブレザー) ハンガー掛け 風通しの良い日陰
スラックス・スカート 吊り干し 風通しの良い日陰
シャツ・ブラウス ハンガー掛け 風通しの良い日陰
ニット 平干し(図D参照) 風通しの良い日陰
A. 直射日光を避けて。
B. 風通しのいい場所で陰干しに。
C. ズボンは裏返して内側もしっかり乾燥。
D. ニット類は形を整え平干しに。
E. 屋外ではタオルをかけて… U。

 
シミがついた!どうすればいい?
Q
シミ抜きは時間勝負。とにかく急いで!
Q

シミ汚れは時間がたつほど、取れにくくなります。できるだけ、速く対処しましょう。
その際には、シミの種類に応じた対処が必要です。

① シミの付いた部分にタオルやハンカチを当てる。

②シミが付いた布の反対側からブラシや綿棒に液体を付けてたたく。
あまり強くこすり過ぎて生地を傷めないないように注意!
※シミの種類によって『水』『溶剤』『洗剤液』を使い分けましょう。

③シミをタオルやハンカチに移し出す。
シミ抜きのあとは洗濯表示に沿って洗濯をしましょう。
※それでもシミが取れないときや衣服全体に汚れがついているときは、クリーニング専門店にご相談ください。

シミ抜きは時間勝負。とにかく急いで!