モデルチェンジの進め方
学校制服の
モデルチェンジの進め方

制服をモデルチェンジする背景は学校ごとに異なりますが、“学校の顔”である制服を変えるということは、単に「デザインが新しくなる」という以上の意味を持ちます。トンボでは長年の経験と実績から、御校の校風、個性、こだわりなどすべてが反映された制服とともに、さまざまな角度から学校をより魅力アップできる「モデルチェンジプラン」をご提案します。

学校制服モデルチェンジの手順

一般的な「制服モデルチェンジの手順」は以下の通りです。新しい制服が完成すればモデルチェンジは成功、ではありません。当初、学校内外で期待した効果がしっかり出ているかどうかをチェックする「運用管理の実施」も重要です。

第1期(制服決定期)
体制づくり
  • 制服検討委員会の設置
  • 情報収集
    校内意見の抽出と集約(アンケート利用)
    カタログ収集・閲覧
    展示会見学
メーカーの選定
  • コンペティションの実施
    コンペ参加企業の選定
    コンペ実施要項の作成(学校要望事項含む)
    コンペ実施説明会の開催
    コンペ実施
  • 候補企業の工場見学
デザイン・素材の選定
  • 決定メーカーとの打ち合わせ
    コンペ打ち合わせ出展のファーストサンプルを基本に
    セカンドサンプル作製
    セカンドサンプルを基本にサードサンプルの作製
    価格・着用環境を考慮した最終素材を選定
告知活動
  • 来春からの制服変更を告知
    各種告知ツールの作製(ポスター・チラシ等)
    文化祭・学校見学会等での
    お披露目方法の決定
第2期(運用期)
採寸~納品
  • 採寸ののち製造し、生徒さんへお届け。
運用管理体制づくり
  • 制服運営委員会(仮称)設置。
  • 制服指導方針の決定。
  • 制服指導(制服着用セミナーなど)の実施。
運用管理の実施
  • 適正に着用されているかの点検。
  • 着用ルールに問題がないか点検。
  • 点検により改善点が出てきた場合、制服を見直し。

先生方へアドバイス

“信頼の置ける業者を選ぶ”

制服のデザインだけで選んでも、モデルチェンジを進める中でさまざまな関与者と検討を重ねるうちに、デザインが少しずつ変わっていくのはよくあることです。しかし、デザインは途中で変更できますが、選んだ業者は簡単には変えることができません。制服のモデルチェンジについては、デザインにとらわれがちですが、長く付き合える“信頼の置ける業者”を選ぶことが何より大切です。

“展示会に行きましょう”

トンボでは毎年6月から東京・大阪を中心に全国の拠点で展示会を開催、モデルチェンジの最新情報や最新制服を展示しています。
また、岡山県の本社工場に併設された「120ホール」にはユニフォーム博物館もあり、最新の制服ばかりでなく、制服の歴史や変遷、他業種の制服、そして全国の制服の事例などがまとめてご覧いただけます。
「百聞は一見にしかず」。さまざまな事例や制服をご覧いただくことで、御校のモデルチェンジを具体的にイメージできるはずです。ぜひ、トンボの展示会や施設にお越しください。