STEP
商品開発:樋口
ヘルスケア事業本部 副部長 ヘルスケア商品部
副部長
入社から現在までのキャリアアップの流れ

入社時は開発部隊でサンプルパターンナーを経験。その後、女子学生向けグルーミングウエア【クララ】の商品企画を担当。サッカーウエア、通販企画、量販企画など、学生分野以外のニット商品企画を担当。介護ウエア【キラク】の立ち上げと同時に担当になり、現在に至る。

入社から現在までのキャリアアップの流れ
入社時の目標

入社時の目標は【自分のブランドが持つこと。】でしたが入社後、人にとっての服の価値がわかり、【お客様の立場にたった長く愛される服を作ること。】に変わっていきました。

現在の業務内容

介護ウエア【キラク】とナースウエア【トンボメディカル】の商品企画、販促企画など全般を担当。

目標を実現するために取り組んできたこと

服のデザインすることは、只デザインをすれば良いわけではなく、そこには多種多様な知識が必要となります。パターン、縫製、素材、人の身体、動きなど、研修や現場に赴き、知識の取得と旬な情報を入手するように努めています。

目標を達成するのに苦労したこと

メーカーのデザインナーなので、工場の生産性、コストを考慮し、デザインの変更をしていかなければなりません。よりよい物をとの想いが強いため、着地点に苦労しています。

これからの目標

ヘルスケア事業本部を会社の柱へと育てていくこと。
介護スタッフユニフォーム、シェア率No1を目指しています。

トンボの優れているところ

意欲があれば、それに応えてくれる会社だと思います。良い意味で柔軟性を持って、社員の成長をバックアップしてくれます。特に女性には働きやすい会社だと感じます。
歴史のある会社だけに、品格を感じ、トンボの社員だとうことに誇りを持っています。

今後の目標・なりたい自分