沿革

創業から1970年代
1876年(明治9年)
三宅熊五郎により創業
1908年(明治41年)
初代社長三宅保正が事業を継承
1910年(明治43年)
「キラクたび」を商標登録
1924年(大正13年)
法人設立、帝国足袋株式会社と称す
1930年(昭和5年)
学生服の生産・発表を開始
1944年(昭和19年)
帝国興業株式会社に社名変更
1947年(昭和22年)
紡績部門を設ける
1955年(昭和30年)
創業80周年を迎える / 学生服・作業服・トレーニングパンツ JIS規格表示許可工場となる / テトロン製品生産開始
1965年(昭和40年)
丸洗い対応学生服(トンボハイウェイ)誕生 / 東京事務所(商品企画室)を開設
1968年(昭和43年)
岡山営業所を開設
1969年(昭和44年)
東京事務所を開設
1971年(昭和46年)
スポーツウエア専門工場柵原工場を建設(現美咲工場)
1974年(昭和49年)
テイコク株式会社に社名変更 / 本社事務所を岡山市幸町へ移転 / 九州(福岡)事務所開設
1976年(昭和51年)
創業100周年 / ハイウェイウール学生服誕生 / S.I.(スクールアイデンティティ)を提唱 / (株)ハーバードを設立
1977年(昭和52年)
ビクトリースポーツウエア誕生
1979年(昭和54年)
本社事務所岡山駅前に移転
1980年代
1980年(昭和55年)
福岡営業所新設移転
1982年(昭和57年)
玉野物流センター完成
1983年(昭和58年)
業界初のウール50%のウォッシャブル学生服誕生
1984年(昭和59年)
本社工場コンピュータ・グレーディング・マーキングシステム導入
1986年(昭和61年)
創業110周年記念事業として「WE LOVE トンボ」絵画コンクールを開始
1989年(平成元年)
デザイナー山本寛斎氏とスクールユニフォームで提携 / スポーツ専門工場 ハートヒルズ設立
1990年代
1990年(平成2年)
デザイナー桂由美氏とレディスオフィスユニフォームで提携
1993年(平成5年)
本社工場内にカッティングセンターを新築
1994年(平成6年)
デザイナー中野裕通氏とスクールユニフォームで提携
1996年(平成8年)
創業120周年事業としてユニフォーム研究開発センターを設立
1997年(平成9年)
介護、リハビリウエア「KIRAKU」販売開始
1998年(平成10年)
紅陽台物流センター新館完成
1999年(平成11年)
ISO9002認証取得
2000年代
2001年(平成13年)
ISO14001 環境マネージメントシステム(EMS)認証取得 / コムサデモード・スクールレーベル販売開始
2002年(平成14年)
ISO9001 品質マネージメントシステム(QMS)認証取得 / 本社事務所岡山市厚生町に移転
2003年(平成15年)
オリーブデオリーブ・スクール ライセンス提携
2006年(平成18年)
創業130周年 / 株式会社トンボに社名変更
2007年(平成19年)
CSRレポート創刊
2008年(平成20年)
山口良治氏とスポーツ振興顧問契約 / 大阪支店開設 / 本社工場新築・物流センター増築 / 八正館(トンボ歴史資料館)開設 / スポーツウエアで「YONEX」と業務提携
2009年(平成21年)
メディカルウエア(白衣)販売開始
2010年代
2010年(平成22年)
ヘルスケア事業本部創設(介護服、白衣)認証 / 「いい服の日」制定(11月29日)
2011年(平成23年)
岡山県真庭市と「未来につなぐ真庭の森づくり協定」締結(カーボンオフセット、森の活用推進)
2012年(平成24年)
トンボ東京ビル設立 / 美咲工場 カッティングセンター新築 / 年間排出CO2をカーボンオフセット
2013年(平成25年)
株式会社トンボ倉吉工房設立
2014年(平成26年)
トンボ大阪ビル設立 / シニア犬向けブランド「with」立ち上げ
2015年(平成27年)
英国大使館にて「トンボ140thアニバーサリータータン」を発表 / 介護ブランド「栗原はるみ」発売開始 / 「EAST BOY」発売開始